当サイトは、株式会社antsのホームページです。日々の活動についてBLOG形式で紹介しています。

保育園の入園書類記入の手間をなくしたい!

0
Posted in Life By 前田 考歩

こんにちは。antsの前田(1児の父)です。

主に日常の、身近な暮らしや世の中の課題を、ITで解決するアイデア(もとい思い付き)を書き記していきます。

今日のテーマは、「保育園入園後の書類記入の面倒さを解決できないか?」です。

■入園の喜びもつかの間、書類記入がメンドクサイ

先日、1歳4か月になった娘の保育園入園が決まりました。

入園が決まると、10枚ほどの入園に必要な書類を記入することになります。

一連の書類には、

・普段の食事、睡眠、排泄などの生活状況、
・身長、体重等の発育経過や予防接種の受診状況、
・これまで食べてきた食材の種類やアレルギーの有無
といった記入項目があります。

2

こうした項目は記憶が新しい「歩き始めた年月齢」や、
普段の育児で行っている「大便の回数と硬さ」などはソラで書けますが、
予防接種の受診状況や身長などは母子手帳を参照しながら書き込む必要があります。

ただ、「首がすわった月齢」「寝返りをうった月齢」となると、
記憶があやふやで母子手帳にも書いていないこともあり、なかなか筆が進みません。

幸い、妻が娘の誕生以降つけてきた育児ノートに、
授乳や排泄の回数、睡眠時間などの一日の生活リズムと、
その日あった出来事が事細かに書かれていたので、それを元に項目を埋めていきました。

こうした書類記入は、子供の成長過程を振り返ってジ~ンとさせてくれますが、
それ以上に、「書類書くのたいへんだ~」と思ったこともまた事実です。

■母子手帳を記入していくと入園書類ができあがる仕組が欲しい

という訳で、こうした事務作業が億劫だったり、忙しいパパママ向けに、

「母子手帳や育児ノートを入力していくと、入園書類ができあがる」仕組みがあればいいなと思いました。

既にいくつもの母子手帳アプリが世に出ていますが、
入園書類に必要な項目をベースに母子手帳代わり、又は育児ノート代わりになるアプリを作り、
そこで入力した情報を所定のフォーマットにインポートすると入園書類が印刷されれば、
わざわざ一から予防接種の記録や身長体重などを手書きする必要がなくなります。

こうした仕組みは、Googleが提供するGoogle Apps for Business(下図)といったグループウェアをカスタマイズすれば、簡単かつ安価に実現できます。

Clipboard01

また、こうしてデジタルな情報管理ができれば、書類を管理する立場の保育園側にも使用メリットがあると思います。

私の妻は保育士ですが本来の保育業務の他に、
保護者向けの連絡帳や、園便り、クラスの活動計画や児童原簿(児童の一日の様子や成長過程を記録するもの)を紙とペンで行っており、
こうした事務作業が少なからず負担になっているそうです。

こうした書類をグループウェアで作成することで、
入力作業負荷を削減や職員間の情報共有を円滑にすることが期待でき、
連絡帳をデジタルにやり取りできるようにすることで、
保護者とのコミュニケーションを円滑にしてくれることでしょう。

保護者の立場から考えれば、スマホでの閲覧が可能になれば、
通勤退社途中でも目を通すことができ、たいへんありがたいです。

「いやいや、連絡帳は手書きだからいいんだよ」


というご意見もあると思います。

私自身、手紙、書籍、雑誌は電子よりも紙派なのですが、
それを作成する手間を省くことで、子供にかけてくれる保育の質が上がるのであれば、
デジタル化大賛成です!というか促進したい!
(というか妻のため、娘のため、自分のために作ってみたい!←結局、ココ)

みなさんのご意見もお聞かせください。

では、再見。

writing——————————————————————————————

前田 考歩 (maeda takaho)

全国初の自治体防災アプリ、夫婦のための子育て情報アプリなど、
“ITによる生活と社会の課題解決”をテーマに仕事をしています。