当サイトは、株式会社antsのホームページです。日々の活動についてBLOG形式で紹介しています。

『YouTube One Channel』移行支援サービス開始のお知らせ

0

こんにちは。

2013年6月6日より、全てのYouTubeチャンネルが『YouTube One Channel』へと移行されます。
http://youtubecreatorjp.blogspot.jp/2013/05/6-6-youtube-one-channel.html

これを受け、antsではYouTubeを活用する企業様向けに、
YouTube One Channelへの移行サポートを行うことにしました。

サポート内容は下記です。

すでにチャンネルを運用中のお客様

  • One Channel概要のご説明。必要となる移行作業についてご説明(無償)。
  • 移行に際して必要な各種制作物のご提案(有償)。

すでにチャンネルでカスタムガジェットを運用中のお客様

  • One Channel移行に際して必要な作業のご説明(無償)。
  • 同内容の物をOne Channelに移行する場合のご提案(有償)。

まだチャンネルを開設されていないお客様に向けては、YouTubeチャンネルスタートパックもご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら


YouTube One Channelとは?

動画を活用したブランディングがマルチデバイスで可能な、YouTubeのオリジナルページ機能です。
動画を公開するだけでなく、動画を軸とした様々な情報発信が可能です。 >>「YouTube One Channel のご紹介」

YouTube One Channel


YouTube One Channel でできるようになったこと

●チャンネル機能の充実
チャンネルを登録しているユーザーと未登録ユーザーで、表示内容の切り替えが行えたり、チャンネル上で他のチャンネルを推薦する機能など、ユーザーをよりチャンネル登録へと誘導する機能が充実しました。

●チャンネルアート
チャンネルの上部に「チャンネルアート」と呼ばれるイメージを設定できるようになりました。PCのみならず、モバイルやテレビ等、各デバイスで共通のブランドサインを表示することが可能になりました。


旧UIからの変更点について

チャンネルのビジュアル要素についての変更点

  • 旧ブランドチャンネルで使用していた背景画像は廃止。
  • チャンネル上部にイメージマップでリンク設定のできるトップバナー機能は廃止。

One Channelでは、これらの代わりにチャンネルアートの設定が可能です。また、外部リンクも1種類のみ、チャンネルアート上に設定が可能。その他ソーシャルメディアへのリンク、シェアリンクの設定が可能。

カスタムガジェットについての変更点

  • カスタムガジェットはHTMLベースで作成する事が必要(HTML5推奨)。Flashは廃止。
  • 640px-1060px間でコンテンツを幅可変に対応。(※モバイル版は幅320px)
  • ガジェットコンテンツをSSLで配信可能なサーバーが必要。