株式会社antsのホームページへようこそ。

GIZMO 3D(仮称)はじめました <前編>

0
Posted in Lab. By ohura

Flashムービーを透過してデスクトップに表示するGIZMOを開発しているantsですが、3Dのモデルをデスクトップに表示する実装を行いました。まだまだ実証実験レベルですが、皆様のご意見などいただければ思っております。まずは実験段階のバイナリを使ってみていただければと思います。

1. インストール
■GIZMO 3D(仮称)実験バイナリ
gizmo3d061019.zip

このファイルには、GIZMOに対し3Dモデル表示機能を拡張してあるプログラム(gizmo.exe)と3Dサンプル ガジェットを同梱してあります(残念ながらWindows版のみです)。GIZMOの使い方については、GIZMO beta for Windowsを参照してください。

インストール作業は特に必要ありません。ダウンロードしたファイルをWinZipなどで任意のフォルダに伸張し、gizmo.exeを実行してください。このサンプルを動作させるためには、GIZMO標準のライブラリが必要なため、GIZMOコミュニティからダウンロードしてインストールしておいてください。ただし、GIZMOと同時には実行できません。またこのプログラムの動作には、DirectXランタイムが必要です。もしDirectXランライムのバージョンからエラーが表示される場合には、マイクロソフトからダウンロードしてインストールしてください。なお、Windows XPおよび2000での実行を確認しています。

■DirectX 9.0cランタイムのダウンロード(マイクロソフト)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=0a9b6820-bfbb-4799-9908-d418cdeac197

2. 3Dサンプルガジェットの遊び方

このサンプルは、3Dモデルを表示してユーザー操作によって位置などをリアルタイムに変更するガジェットです。まずはスクリーンショットを見てみましょう。

■3D サンプル ガジェット
GIZMO 3Dサンプル ガジェット

右側の操作を行う部分が親レイヤーで、GIZMO標準版と同様の方法で作成されています。左側の部分が3Dモデルで子レイヤーになっています。画像の番号に合わせて以下のような機能操作ができますので、ぜひ試してみてください。

モデルの移動/回転
カメラ位置の変更(注視点は変更されません)
モデルのフレームの表示切り替え
アニメーションのON/OFF
位置情報の表示
位置情報のリセット
■同梱されているモデル(モニタ)の情報
切り替えられるフレーム名
Frame1_Layer1 この名前を③に入力し、ON/OFFのボタンで切り替えることができます。
有効なアニメーション名
AnimationSet_monitor1 この名前を④に入力して、アニメーションを有効にすることができます。
AnimationSet_monitor2

ダウンロードしたファイルを伸張したフォルダにあるgadget\sample\model.xファイルを、手元にある任意のXファイル(DirectXのモデル データ)と置き換えてみると、いろんなモデルが表示してみることができると思います。

今回はここでいったん終了します。後編では、ガジェットの作り方やサンプル データの用意のしかたなどについてご紹介する予定です。