株式会社antsのホームページへようこそ。

Yahoo! WidgetsがFlashをサポート

0
Posted in Lab. By antsinc

Yahoo! Widget
先日、Yahoo! WidgetsがFlashをサポートしたという記事が掲載されていました。Flashでガジェットを制作できるソリューション(GIZMO)を提供しているantsにとって、とても気になるニュースでしたので、早速、試してみました。


Yahoo! WidgetsのソースファイルにFlashコンテンツを指定すると、デスクトップ上にFlashコンテンツを簡単に表示でき、Flashコンテンツのステージ領域が透過されるので、矩形以外のウィンドウも作成することが可能です。しかし、Flashでアルファを指定した半透明なオブジェクトは、デスクトップ上では半透明にはならず、半透明な色と黒を合成した色が表示されます。どうやら、アルファが0%の場合のみ、透過するようです(下の画像を参照)。Yahoo! WidgetからFlashオブジェクトにアルファ(opacityプロパティ)を指定して、Flashオブジェクト全体を半透明にすることは可能です。

Yahoo! Widget


左の画像(クリックすると原寸大になります。)は、同類のFlashコンテンツを使用してGIZMOガジェットとYahoo! Widgetsをデスクトップに表示させたときのスクリーンショットです。画面左側がYahoo! Widgetsで、画面右側がGIZMOガジェットです。Yahoo! Widgetsの場合、コンテンツの縁(アンチエイリアス部分)が黒くなってしまいます。さらに、Flashコンテンツを配置しただけでは、ドラッグ&ドロップによるウィンドウの移動が行えないので、ウィンドウの移動処理を独自に実装する必要があります。Yahoo! Widgetは、Flashコンテンツをウィンドウとして利用するのには向いていないようです。

今回のYahoo! WidgetsのFlashのサポートというのは、FlashでYahoo! Widgetsを制作するという用途ではなく、Yahoo! Widgetsのリソースに、Flashコンテンツを利用できるようになったということだと思います。

デスクトップGadget(Widget)のエンジン部分を提供する立場として、今後もYahoo! Widgetの動向を追い、必要に応じて記事を投稿しようと思いますので、よろしくお願いします。

■今回試したアプリケーション
 Yahoo! Widgets 4.5 for Windows
 http://widgets.yahoo.com/
 ※2007/12/19現在、Windowsの英語版しか公開されていないようです。