株式会社antsのホームページへようこそ。

3D Archive

こんにちは、kiyokazkです。 今回も引き続き、コミュニティデッキ3D版の使い方についての解説です。 今回は前回の予告通り、<ガジェットを作ってみよう編その2>と題し、用意した3Dモデルデータをそのままデスクトップガジェットとして表示させる方法について説明します。

Read Post

こんにちは、kiyokazkです。 先日、GIZMOコミュニティデッキ3D版を公開しましたが、この3Dデッキの基本的な使い方をいくつかのエントリーに分けて解説していきます。簡単なものから順を追って説明していきますので、興味があればいろいろ試してみてください。 まずはじめの今回は初級編として<ガジェットを作ってみよう編その1>をお送りします。 3Dモデルのデータなどを用意しなくても、簡単な3Dガジェットを作る方法について説明します。

Read Post

こんにちは、kiyokazkです。 GIZMO向けの3D拡張プラグインの最新バージョンをテスト公開します。 以前のバージョンはGIZMOアバターデッキに同梱されていましたが、今回は汎用的に使えるデッキという位置付けでCommunityデッキ3D版というものを作成して、3D拡張プラグインをそちらに同梱しました。 今回のエントリーではこのCommunityデッキ3D版の導入から付属のサンプルについての説明までを行います。今後は、今回の<導入編>に続き、3Dガジェットの作り方や開発情報などについてのエントリーを公開していく予定です。

Read Post

FIVe3Dを試してみた

0
Posted in Lab.

こんにちは、kiyokazkです。 Flash向けのベクターベースの3Dライブラリ、FIVe3Dを試してみました。最近バージョン2.1がリリースされて機能がいろいろと増えたみたいで、いろいろなFlasherの方々がブログで取り上げていたので僕も何はともあれ触ってみました。

Read Post

こんにちは。kiyokazkです。 現在GIZMO向けに3Dオブジェクトを扱うことができるようになるプラグインを開発しているんですが、なんとなくまとまってきたのでこのあたりでver. 1.0.0として一度区切りをつけることにしました。 で、そのプラグインを使用したもの第一弾として「GIZMOアバター」というものを作成しましたのでこのエントリーで公開します。ちなみにこちらはα版という位置付けです。環境などによって不具合も残っているかもしれませんが、GIZMOで3Dを動かす雰囲気はつかめるんじゃないかと思います。もし興味があれば一度お試しください。 ■GIZMOアバター(α)って? デスクトップ上…

Read Post

こんにちは、kiyokazkです。 前回のエントリーで言ったとおり、Papervision3D 2.0 Alpha (GreatWhite) を試してみました。今回使用したのはActionScript 3.0 + Papervision3D Public Alpha 2.0 – Great White (24.03.08)です。 前回の目玉をそのまま移植するつもりでしたが、試しているといろいろとできないことがあることが分かったので何ができるか検証しつつ、ついでに目玉の挙動も変えてみました。こっちの方がオリジナル目玉の挙動に近いですね。 ちなみに今回GreatWhiteで試してみたか…

Read Post

こんにちは、はじめまして。kiyokazkです。3D関係をメインでやってます。 最近Flashを触る機会が多くなってきたので、3D野郎の端くれとして遅ればせながらPapervision3Dを試してみました。ちなみに今回使用したのはActionScript3.0 + Papervision3D 1.5です。 さて、それじゃあ何を作ろうかなと考えたんですが、最初はやっぱり目玉でしょう!ということでGIZMOにも昔から同梱されている目ん玉グルグルを3Dで表現してみることにします。それでは順番に内容を見ていきましょう。

Read Post